人生栗色

観たり読んだり考えた記録

芸能ヲタがカノバレを嫌う心理

 

好きな芸能人のスキャンダルを喜ぶヲタクなんてほとんど居ませんよね。

でも熱愛発覚を嘆くヲタクに対して「自分が付き合えるとでも思ってたのかよww」という的外れな言葉をかける一般人は毎回必ずどこにでも現れます。

その度に「違うそうじゃない」とヲタクは否定しますが、なかなか理解してもらえないし、自分でも心のモヤモヤの理由がわからないという人も多いと思います。

しかしながら私は、そのファン心理は実にシンプルなものだと考えています。

 

今まで“誰のものでもない”“みんなのもの”だった芸能人が、急に“誰か一人のもの”になってしまう淋しさや“誰かのことだけを特別扱いしている”状態になる不公平感からくる不満にほかならないのではないでしょうか。

 

ひとくくりに芸能人のファンと言っても様々な人種がいて様々な応援スタンスがあります。

・「自分を知ってほしい」「特別扱いされたい」ガチ恋夢女子勢

・「お仕事第一主義であってほしい」「人間性を尊敬したい」崇拝信仰勢

・「誰と誰が仲良くキャッキャしているのに萌える」妄想腐女子

などなど。

 

そんな数多のファン層や需要があるのだから、恋人の存在が発覚することで思い描いていた偶像が崩壊して今まで通りに応援できなくなる人が多くなるのも不思議ではありません。

お仕事をしている姿だけを好きでいればいいという意見もあるかもしれませんが、SNSやドキュメンタリー等の発信が盛んな昨今、人となりも含めて商売道具になっていることがほとんどだと思います。

そういった様々な角度からファンになったヲタクたちの多種多様な需要に幅広く応えられるのが、“誰とも付き合っていない”“身綺麗な状態の”芸能人なんだと思います。

 

とは言え芸能人だって人間なのだから恋愛をしたいというのもわかります。

それなら徹底的に隠せばいいのです。

勿論「ありのままの自分を応援してほしいから」と恋愛事情を大っぴらにするのも自由です。

そういった振る舞いをしてもファンを逃がさないだけの実力があり、仕事が減らない自信があるのであれば、という前提にはなってしまいますが。

やはり一度もファンを不安にさせることのないまま卒業・引退したり、ある程度の年齢になって正式な結婚報告をするのが一番円満に祝福される構図ではないかと考えます。

もしくはスキャンダルなど雑音にしかならないほど突き抜けた売れっ子になってしまうか……。

 

どちらにせよ自分が売り物であるという覚悟が必要な職業であり、華やかさと過酷さが表裏一体の世界だなと思います。

綺麗な夢を見せ続けてくれる芸能人にはきちんと感謝したいですし、報われてほしいと心から願っています。